ニュース一覧

Top > News List > News detail

メチレンブルー・イソジン等を使った水素濃度測定に関して

メチレンブルー・イソジン等を使った水素濃度測定に関して

水素水濃度測定方法として、メチレンブルーなどの試薬またはイソジンなどのうがい薬での簡易測定方法が紹介されております。
メチレンブルーの試験薬につきましては、白金ナノコロイドを触媒として水素濃度を測定する方法で、酸化還元電位と同様に配合されている金属やpHに影響されやすく、水素濃度を正しく示さないケースがあり、あくまでも一つの指針としての測定方法になります。
またイソジンにつきましては水の「アルカリ性」を示すものでこれも厳密に水素濃度を測定するものではありません。
したがいまして、アンティバックジャパンではいずれの測定方法もお勧めしておりません。
水素濃度測定につきましては、その精密な測定には研究機関が用いる測定器でのご確認をお勧めしております。
マジックシェイクでの生成水素濃度につきましては、フライヤー及び下記よりご覧いただけます測定結果一覧をご参照くださいませ。

MagicShake成分比較表はこちら

arrow ニュース一覧に戻る

top